地盤改良工事

県内1の実績を誇る地盤改良工事

近年、宅地開発が進み、本来なら宅地に適さない軟弱な地盤の土地でも、
宅地化されることが多くなってきました。この地盤改良工事は、家の基礎工事のその下の地盤を
改良することによって、長い年月が過ぎてもゆがみのない、地震に強い家づくりをお手伝いします。当社は、一般住宅向けの地盤改良工事に関して、県内でもいち早く施工に取組み、
数少ない専門業者として、年間500件以上の施工を手掛けています。

10年後、20年後に差が出る地盤改良術

マイホーム建設予定地の地質をご存知ですか。普段意識することが少ないかもしれませんが、
建築物の重量は、その地盤が支えています。地質によっては長い年月の中で家が傾いたり
沈んだりするトラブルが発生し、実際に訴訟問題も起きています。
そこで、建築前に軟弱地盤そのものを改良してしまうのがこの地盤改良工法です。

工事は実績と安心保証の当社にお任せください

技術と信頼の地盤改良工事
当社が県内で初めて一般住宅向けの地盤改良工事を始めました。施工を手がけてすでに十数年、施工実績も一万件以上に及びます。当社で蓄積したノウハウ・技術力・経験が安心の施工をお約束します。また、専用機による施工なので、低騒音、低振動、建物に隣接した土地でも周囲に迷惑をかけることが少なく、しかも確実に施工できます。

安心の10年保証

PL法に基づき、10年の瑕疵担保が住宅にも適用されるようになりましたが、当社の地盤改良工事は安心の10年保証です。

施工の流れ

1.地質調査

まずは建設予定地の地盤を知ることから。当社はスウェーデン式サウンディング調査をはじめとした各種地質調査を行っています。

2.工法の決定

調査結果に基づき、地盤改良が必要か検討。併せて地盤の状況に適した改良工法、数量を検討、ご提案させていただきます。

表層改良工事:セメント固化材を表土と混合し、転圧締め固めを
行いながら板状の支持層を作る工法です。
柱状改良工事:セメント系固化材と水を混ぜ、スラリー状にし
たものを土と混合攪拌しながら安定地盤の深さまで円柱状の改良
体パイルを作ります。
鋼管杭工事:鋼管を土の中に回転圧入し、杭の先端部で建物
の荷重を支える工法です。地質を選ばず、安定した杭の強度を保
つことが出来ます。

3.地盤改良工事施工

地盤改良工事は、建物の基礎工事が始まる前に行います。工期は改良の内容にもよりますが、一般住宅の場合、通常3~4日で完了します

4.ウルトラコラム工法

建築物の強固な基礎づくりを実現する新しいソイルコラム工法。
さらに詳しく

5.ウルトラパイル工法

今までになかった驚きの新工法。
さらに詳しく

施工例

お問い合わせはこちら
  • 日?土木工業について
  • 採用情報
ご相談・お問い合わせ日紘土木工業では、数多くの地盤災害防止と、地震で被災した地盤、建物の補強・復旧工事を手がけてきました。地盤に関しての心配事があればお気軽にご相談ください。025-385-3364お問い合わせフォーム